年収70万どん底ビンボーのお一人様〜副収入と節約で現状打破を目指してみる〜

派遣バイト・貯金なし・借金ありのひきこもりアラフォー女が再建するための奮闘ブログです。

カテゴリ:節約 > 賢く節約

私の親は昔から懸賞が好き。
ビンボーだから欲しいものは懸賞で当てるのがうちの親。

懸賞なんて当たらないと思いつつも
子供の頃に行った遊園地は当選したもので連れってもらってた。
ディズニーシーのプレオープンご招待&宿泊付きなんてのも当ててる母。
大物から小物までよく当ててます。

いつの間にか私も懸賞が好き。
行きたい場所は懸賞で当てる。
欲しいものは懸賞で当てる!
精神を引き継いでた。
というか、スーパーで家のものを買うようになってから
レシートを送る懸賞があるのを知ったのがきっかけ。

レシートどうせ捨てちゃうし、それなら何か当たった方がいいし、
スーパーの懸賞って食卓に必要なものを1点買ってそれを送るものだから
それならキャンペーンをしてる時に、対象商品を買った方がお得。
どうせ買うものなんだからね。
という理由で始めた懸賞。

去年かな?
対象商品の100円のアイスを買ったレシートを送ると
2000円分のケンタッキーのギフトカードが当たるという懸賞があり見事に当選!
確か大量当選だったので、絶対に参加しなきゃと思った懸賞だったはず。

IMG_1682


その時に当たったカードで水曜日限定のケンタッキーのバーベルを購入しました。
9P1500円を無料でゲット^^

FullSizeRender



レシート懸賞は無駄のない節約になると思ってる。
いつものお買い物に対象商品1つカゴに入れてレジするだけ。
必要なものを買って、プレゼントまで届くなんて素敵すぎます^^

懸賞なんて当たらないと思ってる人の方が多いけど、
何気に当たると思います。

溜め込んでる応募用レシート。

FullSizeRender





今までは応募期間が終了して
そういえばってのがあったけど、
会計簿をつけるようになり、会計簿と一緒に保管することで
応募忘れを防げるようになりました。

最近は応募してないので全然当たらないけど
節約のためにまた懸賞も復活させようと思います^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村



 

今日は母の日ですね。
年老いた母に食事やちょっとしたものをプレゼントしたいけど
そんな余裕のない娘。




でも何もしないでいることはできないから
利用できるものを探してみたら商品券があることを思い出しました。

頂いたり当選したりで溜め込んでいた商品券

IMG_1562


使うのがもったいなくて商品券は溜め込む私。
この商品券をあげようと思ったけど
母のことだから自分のものより家族のものを買うと思うので
この商品券でちょっとしたものをプレゼントしようかなって思ってます。

マルエツの商品券はちょいちょい使ってますが。

この商品券のうち
東武
7&アイ
マルエツ
サミット
ベルク
ジェフグルメカード
全国共通商品券

IMG_1561


おつりがもらえます^^
おつりでるんです!!

私のせこい精神ギラギラ燃えてます(笑

例えば2500円のものを買ったら
ギフトカードで2000円分だして
500円分を商品券で出したら500円のおつりがもらえる。
現金は一切しようしないで500円がお財布にお迎えできます^^
素晴らしすぎる♪
プレゼンを購入するのに
こんなにもせこい方法を使うのは良くないことかもしれないけど、
母にプレゼントでき、お財布には500円が!

今日はこの方法しか考えられません。

食事に行けたり一緒にお買い物に行けたり、現金を渡してあげることことが
一番良かったけれど・・・

ビンボー娘で申し訳ない。

ではでは、お店を物色してきます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村

         

数年前に懸賞で当選してたハーゲンダッツギフト券。

FullSizeRender

古い券になるため商品の価格や消費税の関係で 差額分は負担しなければなりません。

お金を払うなら買わないで売ってしまおうと思ってたんだけど、
マルエツの広告を見たら特売価格税込203円になってるんです♪

私の持ってるギフト券は
568円分×2=1136円
203×4個=812円
差額324円



売るよりも商品を購入しておつりをもらった方がお得ということに
気がついて早速購入してきました^^

FullSizeRender


そしてレシート

IMG_1556


324円ゲットしました。
美味しいアイスとお金が私のもとに来てくれた。

貯金にまわせるお金の余裕がないため
この324円は臨時収入として小銭貯金にします。

こんな使い方せこいかもしれないけど私にとっては貴重な収入元。

おつりが出るお店は利用するスーパーやコンビニにより違うみたいなので
ギフト券を利用される場合は、おつりがもらえるのか確認した方がいいかも。
私は聞くのが恥ずかしくて
一か八かでレジに行ったらお返し324円とおっしゃってくださり
ほっとしました。より一層美味しくたべれる^^

調べてみると
イトーヨーカドー
イオン
SEIYU
はおつりが出るみたいです。
私が行ったマルエツでもおつりができました。

ハーゲンダッツギフト券をお持ちの方は
特売中の利用がおすすめです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村


         

無料クーポンは絶対に欲しい

ただより怖いものはないというけれど
無料・半額・お買い得の言葉に敏感なshisuranaです。

今はコンビニやスーパーで無料で商品と引き換えできるクーポンプレゼントの
キャンペーンがありがたいことにたくさんあり
発見したら私はすぐに飛びつくタイプ。

常に、このようなキャンペーンをしてないか
ネットサーフィンをして探してる日々。

特に大量と当選する商品はありがたく、金運が貧しい私にも天使が降りてきてくれて
しあわせな気持ちにしてもらえてます。
ありがとうございます^^



小心者の私は無料商品のみをレジに持っていけない人

ただね、当選できたのはいいけれど無料商品のみをレジに持っていくのには抵抗があります。
定員さんの顔色が気になったり、無料商品のみを引き換えるのは申し訳ないく
メーカーさんの戦略に自らハマりに行き、必要ないものも一緒にレジに持って行きます。

コンビニの場合、スーパーに比べると高めじゃないですか。
なのでその中でも安いもの、そしてあって困らないものを選ぶようにはしてるけど、
2回目、3回目となっていくとお財布事情がかなり辛くなる。

無料なのに無料じゃない。
結局お金使うし、あって困らないものを選んでもどうしても欲しいものでもないし
スーパーやドラッグストアの方が安いし無料商品は欲しいけど
う〜んと悩みつつも無料商品プラス他商品でいつもレジを通してます。



節約のためには勇気も必要

無料商品プラス他商品では節約にならないし、お得なのか・・。
無料だからお得だけど、お金が減る。
これじゃ節約にならないし、心の底からやったね^^って気持ちでもない。

とにかく私は金銭状況が厳しい。
今月の生活費・支払いはせっかく貯めたお金を使うことになったし
今までの私じゃだめだ!
定員さんの顔色なんて気にしていられない。
心を決めていざ出陣!



そう簡単に覚悟が決まらない

FullSizeRender




クーポンとお茶を持ってレジの列に並んだものの
自分の番が近づくと列から離れる始末。
しかも、買い忘れをよそ買った感じであ、忘れたて!感を出しつつ列から離れること3回。

いっその事、野菜ジュースも一緒に買ってしまおうか?
おにぎり一つ選ぼうか?
と自分の格闘がまた始まりました。
お店を何周した事か。
雑誌を探してるふりしたり・・。
誰も私の事は見てないし気にしてもないんですけどね(笑

節約するって決めたんだ!
いやな顔されたらこのお店に来なければいいだけ。
頑張れ私。
もっと気楽に気楽に大丈夫っと
自分にあんじをかけながらレジ列から離れる事なく順番をひたすら待ち続けました。


無料商品なのにポイントまでプレゼントしてくれるローソン

私の番がついに来ました。

クーポンと対象商品のお茶を台に置くと
とても丁寧に対応してくださり、
そして
ポンタカードはお持ちですか?と尋ねてきてくれた。

え?ポイントつけてもらえるんですか?
もちろんです^^
とニコニコしながらお答えしてくださいました。
名札にはサブリーダーの肩書きが。
いやな顔するどころか
こんなに素敵で優しい接客をしてくださり、
サブリーダーにステップを踏まれてるだけあるお方と思いました。何様だ(笑

両手でお茶を私に渡してくださり、お店を出る時は
ありがとうございました。とおっしゃってくださった。

無料のお茶と定員さんの温かさとポイントまでもらえて
キャッホーイですよ♪

今日という日がとても素敵な日になりました。
伊藤園さん、ローソンさん、サブリーダーさん
本当に本当にありがとうございます^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金ゼロへ
にほんブログ村






このページのトップヘ